離婚相談名古屋・愛知県・岐阜県 調停、親権問題、浮気、不貞行為、慰謝料、養育費、弁護士情報、DV、離婚問題解決・離婚問題支援ネット名古屋

離婚マニュアル
キーワード検索 離婚カウンセラー ご利用方法 ご相談窓口
浮気・離婚の問題
   
離婚を考える前に
別居の問題
離婚後の生活を考える
婚姻費用分担義務
   
法定離婚原因
不貞行為
悪意の遺棄
婚姻を継続し難い
重大な事由
3年以上の生死不明
回復見込みのない精神病
離婚する方法と手続き
協議離婚
調停離婚
審判離婚
判決離婚(裁判離婚)
離婚協議書の作成ポイント
離婚届の不受理申出
慰謝料
財産分与
養育費
養育費の支払いが滞ったら
養育費の算定
親権・監護権
面会交流権
離婚後の戸籍と氏(姓)
子の氏・戸籍
浮気相手に対する慰謝料請求
不貞行為の証拠とは
   
離婚届の書き方
離婚協議書のサンプル
   

母子・父子家庭への福祉,公的支援

全国の法律扶助協会
各地の裁判所のご案内
離婚専門家
   
公正証書
内容証明郵便で愛人へ慰謝料の催告書サンプル
内容証明郵便で夫へ慰謝料の催告書サンプル
内容証明郵便
   
ご相談はコチラ
 
浮気・不倫の問題
浮気は早期発見が決め手
浮気の対処法・話し合い
ご相談はコチラ
 
ドメスティックバイオレンス
ドメスティック・バイオレンスとは?
DV対処法
法律扶助協会などの紹介
ご相談はコチラ
 
ストーカー・盗聴・盗撮
ストーカー対策
ストーカー規制法
盗聴器の発見方法
ご相談はコチラ
 
探偵社・調査会社
探偵社・興信所の活用
探偵社・調査会社への依頼方法
悪徳探偵社の手口
探偵社・調査会社 Q&A
 
弁護士
弁護士の探し方・選び方
弁護士の費用
弁護士会・弁護士会連合会一覧
 
■HOME > 浮気は早期発見が決め手
浮気・離婚の問題
「浮気は早期発見が決め手」

浮気は早期発見が決め手浮気早期発見のチェックポイント
浮気は早期発見が決め手
 

インターネットや携帯電話、携帯メールなどの普及で、浮気相手と密に連絡を取り合えることが可能になり、浮気・不倫人口が増加していると言われています。

特に男性の場合は「浮気」に対して罪悪感が軽い場合が多く、既婚男性の5割近くに浮気の経験があるとも言われております。最近では妻が浮気するケースも多く、携帯電話の普及や働く女性が増えたことが、その背景にはあるようです。

離婚の意思が無く、配偶者にばれないようにこそこそしているうちは、まだ「浮気」です。 問題なのはそのうち「浮気」が「本気」になり、夫が愛人にのめり込み生活費を家に入れなくなったり、または家に帰って来なくなったり、妻が家事や育児を放棄してしまうなど、家庭が崩壊して家庭内別居・離婚に至ってしまうケースです。
最悪なのは、浮気が発覚しても見て見ぬ振りをして愛情の無い結婚生活を何年も続けて、結局相手は愛人のものにいってしまうパターンです。

夫、又は妻の浮気を知った時、離婚をするか結婚生活を続けるか2つの選択に迫られます。どちらを選択するにせよ、話し合うためには相手の浮気・不貞行為の証拠を手にすることが必要なのです。
証拠も無く真実を確かめようと問いただしても、嘘をつき通されたり話をはぐらかされたり、逆ギレされたりと、真剣に話し合いができないのがオチです。

浮気・不貞行為の証拠は、決して慰謝料を多く取ったり、親権を主張したりと離婚条件を有利するだけのものでもありません。相手に浮気の事実を認めさせて、真剣に話し合うキッカケを作るものでもあります。配偶者に浮気の兆候を感じたら、まずはしっかり観察して記録をつけましょう。

不貞行為の証拠とは
離婚を考える前に
探偵社・興信所

 

▲ページトップへ
浮気早期発見のチェックポイント
 

浮気に走ると今までしなかったことを始めるのですから、しっかり観察すると必ず分かります。まさかうちの夫、妻に限ってと思わず、急に帰りが遅くなった、家出過ごす時間が減ったといった兆候があると、怪しいと考え自ら証拠を掴みましょう。

浮気をすると以下の兆候が多いようです。ただ必ず浮気をしていると限りません。あくまで参考資料として見て下さい。
 

携帯電話・ケータイメール
  トイレや脱衣所まで持って行くようになった。
・発信・着信の履歴、メールの送受信の履歴は絶えず消している。
・自宅では携帯電話の電源を常にオフにしている、又はマナーモード、ロックされている。
・トイレや自室でこそこそ携帯電話やケータイメールばかりやっている。
・携帯電話の使用料金が急に高くなった。
・メールの量が極端に増えた。

浮気・不倫をしている人は大抵携帯電話、又はメールで連絡を取り合っています。
愛人と携帯電話で連絡をやりとりするのに夢中で、帰宅してからもタバコなどを買う理由で外出するなど不審な行動を取るようになります。

配偶者の携帯電話が自分の名義のものでしたら、電話会社に料金明細内訳書を申し込み
通話先の明細を取る手段もあります。

 

帰宅時間・休日
 

夫・妻共通
・帰宅時間が急に遅くなった。又は朝帰りするようになった。
・休日になると1人で外出するようになった。
・誕生日やクリスマスに限って帰宅が遅い。
 
夫の場合
・残業や休日出勤、又は接待・ゴルフ・マージャンなどの付き合いが増えた。
・今まで言わないのに「出張だから」と言い出すようになった。

妻の場合
・友人やパート先のカラオケや飲み会など夜出歩くことが多くなった。

浮気・不倫を始めたら愛人と一緒に食事をしますので、自宅での食事の回数が減ります。一週間に1、2回のペースで時間を作り会いに行きますので、毎週金曜日の帰宅が遅いなど、毎日日記を付けていると法則のようなものがあります。

 

洋服・化粧・香水
 

夫の場合
・ファッションに気を使うようになり、特に良い服装に限って帰宅が遅い。
・帰宅が遅い日には決まったネクタイ・ベルトなどの小物を身に付けている。
・結婚指輪をしなくなった。

妻の場合
・見たことのない高価な下着、Hな下着・派手な下着があった。
・美容院・エステにいく回数が増えた。
・念入りに化粧をしたり、香水を付けるようになった。

洋服の好みが浮気相手の年齢や好みに合わせて変化することがあります。
特に帰宅が遅い日に限って普段とは違う格好をしたり、小物を身に付けたりすることがあります。

 

自動車
 

・ガソリン代が急に増えた。
・まめに洗車をするようになった。
・利用しないはずの高速道路の領収書がある。
・今まで聴かないようなCDやMDが増えた。
・車の灰皿に、いつも吸っている銘柄と違う銘柄の吸殻が入っている。
・ダッシュボードの中に避妊具が入っている。

カーナビを搭載している車ならの走行ルートをチェックしたり、走行距離をまめにチェックしましょう。車内に夫や妻以外の髪の毛が落ちていることもあります。

 

金遣い
 

・急に金遣いを荒くなり、勝手に貯金をおろすようになった。
・消費者金融やキャッシングを利用するようになった。
・今まで利用しなかったのにクレジットカードの請求書が送られてきた。

浮気相手ができると、食事代、プレゼント代、ホテル代など出費が増えます。
但し、妻が浮気している場合は、相手の男性が全てお金を出してくれることも多いので、あてはまらないケースもあります。


パソコン
 

・自宅のパソコンにパスワードを設定して見れなくした。
・パソコンに触らせてくれなくなった。
・頻繁にインターネットを利用しているのに、常に履歴がクリアになっている。

携帯電話のメール同様に、パソコンのメールで浮気相手と連絡を取り合っている。
ケースも増えています。また最近では出会い系のサイトや、出会いを求めるオフ会などで
浮気相手を探すパターンも増えていますので、注意が必要です。


言葉使い・言動
 

・言葉使いが冷たくなった。
・忙しいとよく言うようになった。
・目を見て会話をしなくなった。
・急に機嫌をとるようになった。

やましい事があると、それを隠そうとして、余計なことまで話すようになったり、相手の目を見て話をしなくなります。

 

その他
 

・見慣れない鍵を持っている。または隠していた。
・友人からのプレゼントが増えた。
・性交渉を求めてくる頻度が急に減ったり、拒否するようになった。

夫が単身赴任先で浮気しているケースはよくあります。遠方では夫の素行や、浮気相手の特定は難しいと思われます。
夫が浮気をしているのではないかと感じたら、探偵社・調査会社に素行調査を依頼して、証拠を掴みましょう。

 

   
  ▲ページトップへ

 
会社概要  お問合せ  プライバシーポリシー  広告掲載  リンクについて
Copyright (c) 2005-2007 離婚相談名古屋,愛知,三重,岐阜| 離婚問題支援ネット名古屋.All Rights Reserved.