離婚相談名古屋・愛知県・三重県・岐阜県、親権問題、浮気、不貞行為、慰謝料、養育費、DV、離婚に関する問題解決・離婚問題支援ネット名古屋

離婚マニュアル
キーワード検索 離婚カウンセラー ご利用方法 ご相談窓口
浮気・離婚の問題
   
離婚を考える前に
別居の問題
離婚後の生活を考える
婚姻費用分担義務
   
法定離婚原因
不貞行為
悪意の遺棄
婚姻を継続し難い
重大な事由
3年以上の生死不明
回復見込みのない精神病
離婚する方法と手続き
協議離婚
調停離婚
審判離婚
判決離婚(裁判離婚)
離婚協議書の作成ポイント
離婚届の不受理申出
慰謝料
財産分与
養育費
養育費の支払いが滞ったら
養育費の算定
親権・監護権
面会交流権
離婚後の戸籍と氏(姓)
子の氏・戸籍
浮気相手に対する慰謝料請求
不貞行為の証拠とは
   
離婚届の書き方
離婚協議書のサンプル
   

母子・父子家庭への福祉,公的支援

全国の法律扶助協会
各地の裁判所のご案内
離婚専門家
   
公正証書
内容証明郵便で愛人へ慰謝料の催告書サンプル
内容証明郵便で夫へ慰謝料の催告書サンプル
内容証明郵便
   
ご相談はコチラ
 
浮気・不倫の問題
浮気は早期発見が決め手
浮気の対処法・話し合い
ご相談はコチラ
 
ドメスティックバイオレンス
ドメスティック・バイオレンスとは?
DV対処法
法律扶助協会などの紹介
ご相談はコチラ
 
ストーカー・盗聴・盗撮
ストーカー対策
ストーカー規制法
盗聴器の発見方法
ご相談はコチラ
 
探偵社・調査会社
探偵社・興信所の活用
探偵社・調査会社への依頼方法
悪徳探偵社の手口
探偵社・調査会社 Q&A
 
弁護士
弁護士の探し方・選び方
弁護士の費用
弁護士会・弁護士会連合会一覧
 
■HOME > 離婚届の不受理申出
浮気・離婚の問題
「離婚届の不受理申出」

離婚届の不受理申出(ふじゅりもうしで)とは勝手に離婚届を届け出された場合
離婚届の不受理申出(ふじゅりもうしで)とは
 

離婚届に押す印鑑は三文判でも良く、印鑑証明も不要です。
夫婦が揃って役所に出頭する必要もなく、本人の筆跡かどうかも調査されません。
書式さえ整っていれば受理されてしまいます。
その為に、以下のようなトラブルが発生することが稀にあります。

・慰謝料や養育費の話し合いがまだついていないのにも関わらず、相手が勝手に離婚届を偽造して、役所に提出してしまう恐れがある。

・離婚の話し合いをしている最中に、諦めの気持ちからや、口論になった勢いで離婚届に署名捺印をしてしまったが、その後、離婚の意思が無くなった。

このような場合、相手が離婚届を持っていれば、ずっと相手を見張っているわけにもいかず、いつ役所に届けられるか分からず心配です。
そうした事態を防ぐ為には、本籍地、又は住所地の市区町村役場に離婚届不受理申出書を提出します。離婚届の不受理申出とは、簡単にいいますと、離婚届を受け付けないで
欲しいと役所に申し出るもので、相手が勝手に離婚届を提出しようとしても不受理申出書が先に提出してある限り、離婚届が受理されません。

不受理申出書は市町村役場の戸籍係に常設されています。
不受理申出の有効期限は6ヶ月です。その間に話し合いをすればよいでしょう。
延長を希望される場合は、再度不受理申出が必要となります。

 

▲ページトップへ
勝手に離婚届を届け出された場合
 

離婚をするには当事者夫婦の離婚意思があることが必要です。
離婚を決意し、離婚届に署名捺印をしても、離婚届を戸籍係に提出する前に離婚の意思が無くなれば、離婚は撤回できます。当事者一方の意思を無視して、勝手に離婚届を提出することは許されません。

しかし、不受理申出の制度を知らず、又は間に合わずに自分に意思に反して離婚届を勝手に届け出されたとしても、協議離婚届が役所で受理されると、離婚の効力が発生してしまいます。

戸籍に離婚と記載されてしまうと、それを訂正・抹消するのは簡単なことではありません。
離婚届の偽造は刑法に触れる犯罪ですが、例え偽造した離婚届を勝手に届け出されたとしても、役所は勝手に離婚を取り消せないのです。

このような場合は、家庭裁判所に離婚無効の調停を申立てます。
無効の確認にあたっては、離婚の意思が無かったことを証明しなければなりません。調停において相手が非を認めて、双方が合意をすれば、離婚が無効であると審判が下されます。

しかし、相手が非を認めず審判に対して異議の申立てがあると、審判は無効となり、調停は不成立となります。そうなると地方裁判所・家庭裁判所に離婚無効の確認を求める訴訟を起こすことになります。審判・判決で離婚無効の判決が確定すれば、1ヶ月以内に審判または判決の謄本を付して、戸籍の記載の訂正を戸籍係に申請することができます。そうして戸籍から離婚の記載は抹消されます。

このように離婚届は、簡単に受理される一方で、一旦戸籍に記載された事項の訂正には大変な労力を伴います。離婚の意思がない場合や離婚原因が納得できない場合には絶対に離婚届には署名捺印をしないようにしましょう。

離婚後の戸籍と氏(姓)


  ▲ページトップへ