離婚相談離婚調停、親権問題、浮気、不貞行為、慰謝料、再婚、養育費、弁護士情報、DV、ストーカー、離婚問題解決|離婚問題支援ネット名古屋ト

離婚マニュアル
キーワード検索 離婚カウンセラー ご利用方法 ご相談窓口
浮気・離婚の問題
   
離婚を考える前に
別居の問題
離婚後の生活を考える
婚姻費用分担義務
   
法定離婚原因
不貞行為
悪意の遺棄
婚姻を継続し難い
重大な事由
3年以上の生死不明
回復見込みのない精神病
離婚する方法と手続き
協議離婚
調停離婚
審判離婚
判決離婚(裁判離婚)
離婚協議書の作成ポイント
離婚届の不受理申出
慰謝料
財産分与
養育費
養育費の支払いが滞ったら
養育費の算定
親権・監護権
面会交流権
離婚後の戸籍と氏(姓)
子の氏・戸籍
浮気相手に対する慰謝料請求
不貞行為の証拠とは
   
離婚届の書き方
離婚協議書のサンプル
   

母子・父子家庭への福祉,公的支援

全国の法律扶助協会
各地の裁判所のご案内
離婚専門家
   
公正証書
内容証明郵便で愛人へ慰謝料の催告書サンプル
内容証明郵便で夫へ慰謝料の催告書サンプル
内容証明郵便
   
ご相談はコチラ
 
浮気・不倫の問題
浮気は早期発見が決め手
浮気の対処法・話し合い
ご相談はコチラ
 
ドメスティックバイオレンス
ドメスティック・バイオレンスとは?
DV対処法
法律扶助協会などの紹介
ご相談はコチラ
 
ストーカー・盗聴・盗撮
ストーカー対策
ストーカー規制法
盗聴器の発見方法
ご相談はコチラ
 
探偵社・調査会社
探偵社・興信所の活用
探偵社・調査会社への依頼方法
悪徳探偵社の手口
探偵社・調査会社 Q&A
 
弁護士
弁護士の探し方・選び方
弁護士の費用
弁護士会・弁護士会連合会一覧
 
■HOME > 子供の氏・戸籍
浮気・離婚の問題
「子供の氏・戸籍」

離婚後の子供の氏・戸籍子供の氏・戸籍の変更方法
離婚後の子供の氏・戸籍
 

離婚をしたことにより、父母の氏に変更があっても、子供の氏や戸籍に変更はなく、子供の戸籍と氏は婚姻中のままです。

例えば、婚姻の際、戸籍の筆頭者を夫(父親)としていた夫婦が離婚して、子供の親権者を母親に決めたとします。母親は離婚して戸籍を移動しますが、子供の戸籍は父母が離婚しても、婚姻中のままとなります。
こうなると親権者は母親なのに、子供と母親は別々の戸籍となってしまします。

離婚後の戸籍と氏(姓)

 

▲ページトップへ
子供の氏・戸籍の変更方法
 

父母が離婚し、子供と同居する親(例えば母親)と戸籍が異なる場合、家庭裁判所に許可を得て、子供の氏を変更させることができます。まず、子供を母親の戸籍に入れる為には、母親は新しく戸籍をつくらなければなりません。手続きは住所地管轄の家庭裁判所に「子の氏変更許可申立書」を申し立てます。許可の基準は、氏を変えることが子供の幸福と利益になるかという点にあり、現に同居中の親子の氏が異なるような場合には、原則として許可されています。家庭裁判所で許可を得たら、審判書謄本を持って市町村役所に、親権者である親の戸籍に入籍届を提出します。

「子の氏変更許可申立書」と「入籍届」の申立手続きは、子供(入籍者本人)が15歳未満なら親権者が届け人となり、子供が15歳以上の場合でしたら、子供本人が自主的な判断で届け出る事ができます。

父親が親権者で、母親が監護者となっている場合は、例え子供と母親が同居していても親権者である父親が同意して申し立てをしなければ、子供の氏を変更することはできません。

※ 夫婦が離婚して300日以内に生まれた子供は、婚姻中に懐胎したものと推定されますので、子供は離婚した父親の戸籍に入ることになります。戸籍には「親権者母」と記載されます。


  ▲ページトップへ

 
会社概要  お問合せ  プライバシーポリシー  広告掲載  リンクについて
Copyright (c) 2005-2007 離婚相談名古屋・愛知県・三重県・岐阜県|離婚問題支援ネット名古屋.All Rights Reserved.