離婚調停、親権問題、浮気、不貞行為、慰謝料、再婚、養育費、弁護士情報、ドメスティックバイオレンス、ストーカー、離婚に関する総合支援サイト

離婚マニュアル
キーワード検索 離婚カウンセラー ご利用方法 ご相談窓口
 
■HOME > 探偵社・調査会社への依頼方法
ライジングリサーチ

探偵社・調査会社
「探偵社・調査会社への依頼方法」

探偵社へ相談・依頼をする前に電話・メールでの相談・見積依頼
探偵社へ相談・依頼調査料金について
支払方法について必ず契約書類を交わしましょう

探偵社へ相談・依頼をする前に
 

初めて探偵社・調査会社に相談・依頼される時は、誰だって緊張はするものです。勇気を出して探偵社に相談しても、相談事や依頼内容が伝わらなかったら、意味がありません。そこで探偵社へ連絡する前に、自分なりに依頼の趣旨や相談内容、最終目的などをまとめて整理しておくことをお勧めします。

1.何のために何を調べたいのか。
2.こちらが把握している情報。
3.どのくらいの期間調べてほしいのか。
4.最終的に何を望んでいるのかetc。

また対象者の情報は多いほど役立ちますので、こちらが把握している情報はわかり易くまとめておきましょう。
例えば浮気調査でしたら
配偶者の写真(全身の写真と風貌や顔がハッキリわかるもの)・特徴
身長・生年月日・自宅住所・勤務先
車を所有しているなら車種・色・ナンバー・駐車場の駐車場所
普段のスケジュールや立ち寄り場所
浮気相手の情報があるなら整理しておきましょう。

また探偵社に調査を依頼したことは極力他言しないようにしましょう。そこから調査を依頼したことが発覚してしまうことがあります。せめて調査が終了するまで、他言しないようにしましょう。

※ 悪徳探偵社の手口

▲ページトップへ
電話・メールでの相談・見積依頼
 

探偵社へ電話で相談や見積もりを問い合わせる時には、必ずメモを取るようにしましょう。初めての電話やメールでの問い合わせだけでは正確な回答や見積もりを提示することが難しく、直接会って詳しい話をしないと見積もりはできませんと言われる場合がありますが、ある程度の調査料金の概略というものがあるはずです。

最近ではインターネットの普及に伴い、メールで探偵社へ相談することも増えてきました。相談者にとって手軽に探偵社へ相談できることは便利なのですが、メールの内容だけでは具体的な状況を伝える事は困難です。簡略で大雑把な内容では、探偵社から具体的な回答や見積もりを得ることはできません。

メールを送信する前には、相談内容が分かりやすく詳しい内容か見直しましょう。なるべく複数の探偵社へ相談・見積もりをして見比べて見てください。最近ではインターネットで手軽に見積もり依頼が出来るサイトも多く存在しておりますので、そちらを利用して調査料金の目安を調べることもできます。
また電話でもメールでも初めの問い合わせは匿名でも構いません。

※ 探偵相談.com

 

▲ページトップへ
探偵社へ相談・依頼
 

探偵社へは情報となる参考資料や写真を持参します。そこで調査の方法や料金について詳細に説明を受け、納得するまで打ち合わせを行いましょう。そのようなやりとりや質問もなく、いきなり調査料金を提示する探偵社は、契約の段階で金額が増えたり、追加料金が発生する可能性がありますので注意が必要です。

具体的な判明事項を明確にしておかないと、予想外の追加調査を取るような営業に 使われるケースもあります。

例えば浮気調査の場合は
1)何を基準に浮気としているか。
 (メールのやり取りや一緒に食事する程度、ホテルに入る等々。)
2)離婚を前提とした調査なのか、浮気をしているか確認したいだけなのか。
3)浮気相手の身元の確認は必要なのか。
離婚のための証拠収集であれば、訴訟の為に相手の現住所等判明する必要があります。

探偵社は相談者の情報から調査の種類、難易度、最低限の調査人数、必要機材、 調査稼動時間、日数、などを判断し、見積もりを算出します。調査方法、結果に対する責任、探偵社との連絡方法、成功報酬の有無、契約書等の確認は必ずして下さい。依頼の前に不明な点は全て質問しておきましょう。

 

▲ページトップへ
調査料金について
 

あらかじめ自分の予算をはっきり伝えておきましょう。悪徳探偵社の中には、相談者に経済的余裕があると分かると高額な調査料金を提示してくるところもありますので、自分には経済的余裕があるとか資産状況などはアピールしない方が良いです。話やメールで問い合わせた時の見積もりとは明らかに違う場合には、その場での契約を避けて下さい。足元を見られているかもしれません。予算的に無理がある場合は別の調査方法も考えましょう。探偵社に相談や見積もり依頼をしても契約とは別です。事前に相談は有料と言われていなければ無料です。契約しないなら相談料を払えと言われても、応じる必要はありません。

成功報酬で調査依頼した場合、何をもって成功と判断するのか確認して下さい。調査前や調査中にキャンセルした場合の調査料金はどうなるのか、探偵社の責任で調査が失敗した場合などの返金が可能なのか必ず説明を求めましょう。契約前に確認をしないとキャンセルや返金に応じない悪徳探偵社もいます。調査料金の全額前払いの所は避けた方が良いと思われます。

 

▲ページトップへ
支払方法について
 

・全額一括払いなのか、分割払いなのか、成功報酬なのか。
・着手金はいくら必要か。
・その他に何がかかるのか(交通費などの諸経費、写真代等)
・延長料金はどうなっているのか。
・領収書は発行してくれるか。

最終的に調査料金が総額いくらになるかが重要です。必ず確認しましょう。

また時間が延長して追加料金がかかる場合や、実費が高くなりそうな時には事前に連絡をしてくれるかも確認して下さい。半ば脅しで契約に迫ってきたり、ローン用紙を持ってきて強制的に契約を迫る探偵社とは契約をしない事です。ちなみに悪徳探偵社のローン金利は25%前後とサラ金並みです。

 

▲ページトップへ
不自然な調査費用(低料金・追加料金・調査経費)
 

悪徳探偵社とのトラブルで多いのは、高額な調査料を請求されるケースです。自社のサイトを持っているのに調査費用を全く公開していない探偵社も問題ですが、調査費用を公開していても「調査料金 3,000円」とか「格安調査一式1万円」など常識外の調査費用を公開している探偵社はもっと問題です。
安い調査料金で相談者を誘き寄せて、面談に持ち込もうとします。そこで相談者に経済的余裕があると分かると高額な調査料金を提示してきます。または安い調査費用と思って契約したら、後から他の名目で高額な追加料金や調査経費を請求されるケースもあります。
ガソリン代や機材等の料金などの実費・諸経費については契約をする前に必ず確認しましょう。
調査費用が「成功報酬」という探偵社には、どのような結果が成功報酬なのか、実費や諸経費などはどうなるのかきちんを確認して下さい。最終的に総額がいくらになるかが重要なのです。

 

▲ページトップへ
必ず契約書類を交わしましょう
 

探偵社と調査方法や方針・支払方法など話し合ったら、必ず調査契約書に明示してもらいましょう。契約書の形式は探偵社・調査会社によって違いますが、だいたい以下の内容となります。

・探偵社と依頼者の名前・住所・署名、捺印
・契約が成立した年月日
・今回の調査内容
・調査料金の内訳
・調査料金の支払方法(着手金・成功報酬等)
・キャンセル時の扱い、(返金額は何%なのか)
・延長した場合や契約外の追加料金
・調査報告書の受け渡し方法
・守秘義務について
・契約書に記載がない事態への対応

同じ契約書を2通作成してもらい、依頼者と探偵社・調査会社が1通ずつ保管します。

 

  ▲ページトップへ


〜行列の出来る探偵局〜探偵相談.com

 
会社概要  お問合せ  プライバシーポリシー  広告掲載  リンクについて
Copyright (c) 2005-2007 知って得する離婚マニュアル.All Rights Reserved.